The charity band Tokyo Creole philharmonic wind orchestra

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どーもヾ(・д・。)


またまた参上いわおです。


先日行われた第2回スーパーファミリーコンサートについて書きたいと思います。




時は3月22日11時40分。。。
僕は都内某所の○堀駅に降り立った。

ボディーパーカッションは12時集合で電車が11時40分着と12時着しかなかった。
僕は迷わず11時40分着を選んだ。

誰かしら11時40分着の電車に乗ってる人がいるだろうと思ったが・・・
誰もいなかった\(^0^)/


しょうがないので20分待つことにした。
少しするとてんださんが来た。

二人で日差しに足を焼かれつつ、ハトを眺めて待っていました。

ハトを眺めていると時間が経つのも早いもので、12時を過ぎてた。
どうやら遅刻者をのぞきみんな集まったようなのでカラオケに移動。


部屋に移動している最中、おばちゃんが一人で歌っているのを目撃した。
しかもその部屋の隣もおばちゃんが一人で歌っていた。
ちょっと面白かったwww


自分たちが使う一番広い部屋に行くと・・・





店員がカレーくっとるwww
あわてて店員出てくるwww
部屋めっちゃカレー臭いm9(^Д^)プギャー
まさに「加齢臭」ならぬ「カレー臭」でした。


キョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ
すべって・・・ないよな・・・・・



とまぁ臭いに悩まされながらもボディーパーカッションの練習を開始。
本番当日にようやく全員揃って練習できました。

ちょっとした演出で「愛?」をテーマにポーズ、神が降臨、ヒゲダンスを取り入れました。
ヒゲダンス用に買ったヒゲは一個500円となかなか高い。
しかもヒゲを付けてると鼻にヒゲが引っかかって笑えないっていうオプション付き。
そしてなぜか「ヒゲが似合ってる」と言われ、喜んで良いのかよく分からなかったです(´・ω・`;)

14時にボディパの練習が終了し引き続きA型の練習があるそうなので
関係ない団長、丘さん、うめさん、クレポ、ジュリエンヌ、僕はれっつごーとぅーファミレス。
ボディーパーカッション12人の内半分がA型なんですよね―。

それはさておき・・・


ジョナで飯を食い、団長・ジュリエンヌはB型の練習へ。。。
残された丘さん、うめさん、クレポさん、僕は何を隠そうO型である!
僕はO型が何をやるのかを本番前日まで知らなかった。
むしろ何をやるかが決まったのが本番前々日なので知らなくても当然っちゃ当然である(笑)

そして、僕はO型で何をやるかを聞いたとき衝撃を受けた。。。
そう。奴が復活するのだ。


12月27日にセブンによって倒されたはずのバルタンが!!!(V)o¥o(V)フォッフォッフォッフォッ

流れは丘さんとなべさんがウルトラマンタロウの歌を歌い、僕がうめさんとクレポに倒されるという至ってシンプルな内容。


とりあえずジョナに残った僕たちは全員で練習するため17時に来る予定だったなべさんを急遽呼び出した。
しかしうめさんが他のアンサンブルの練習があるということで途中で行ってしまった。
だがなぜかこのときの僕たちは全員で練習するということをすっかり忘れていたのである(笑)
それに気づくのはずいぶん後になる・・・

残った3人でなべさんが来るまで演出の構成をねることにした。
丘さんはバルタンのタイツ無しでやれと言う。
僕はパンチラの危険性があるため抵抗した。
それかタイツだけでスカート無しでやれと言う。
まるでえがちゃんみたいなので僕は必死に抵抗した。

結局タイツの上に真っ白ブリーフをはくという結論に至った。

時間もそろそろなべさんが来そうだったので、ブリーフも買わなければいけないので駅に向かいました。
駅に向かっている途中で、うめさんがいなくて全員で練習できないことにようやく気づいたのであった(笑)

なべさんと合流し、近くの100均にブリーフを買いに行った。
しかし!ちゃんとしたブリーフが見つからないΣ(´Д`;) 

しょうがないので丘さんが見つけた旅行用の使い捨てブリーフを使うことに。
そしてクレポさんが武器が欲しいというのでほうきを買うことにした。

絶対目立つと思ったけど、ホールの掃除用って事でごまかすことにした。
ホール着いたら案の定ほうきについて聞かれたけど意外とごまかせた(笑)


本番は僕は2番目にゴスペル・タイムを吹いた。
もともとトロンボーン四重奏のための曲だったのでソロのとことか明らかにブッ高い音があって大変でした。
練習ではなんとかあたったりはずれたりで、本番は・・・
まぁリベンジしたいですね。。。


ちょっと書くのに疲れてきたんで他の団体のことははしょりまして.....φ(・ェ・o)



ついにO型の出番がやってきました!
ちゃんとブリーフもはき準備オッケー!!

本番はっきり言ってほぼアドリブの演技でしたがウケてましたよね?
クレポさんの体当たりが一番効きましたね。
そしてブリーフですが多分あまり気づかれてなかったですね。。。

最後の倒れた瞬間に足開いてアピールしたんですけどね(笑)


終わって着替えてる内にすぐボディパの順番が来ました。
本番すごい楽しかったです!
最初は足と手で別々のことやるのは大変だと思ってたけど、出来るようになると合わせるのが楽しかったです。

本番中汗でヒゲが取れるせいでちょっと間違ったのは秘密です(´∀`;A



でもボディパ1位を取れるとは思いませんでしたワーイヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノワーイ
優勝賞品の焼き肉食べ放題は5人分のお金しかないとか(笑)



O型もダースベーダー賞(笑)いただけて良かったです。






長くなりましたが、ファミコン実行部隊の方々お疲れ様でした!
今年も楽しいスーパーファミリーコンサートになって良かったです。


次はチャリコン!!
皆さん頑張りましょう!!!



疲れた―






スポンサーサイト
20100213024511
今日も一日お疲れさまです

田舎生まれ田舎育ちコンミスムラーノです

先日クレオールは結婚式で演奏して参りました

結婚式とか…


テンション上がるやないか~い


幸せいっぱいの空間の中で演奏できるなんて

ホントに幸せすぎますね


クレオールの皆も
みんなニコニコで


そんなふわふわな精神状態からか…


しぼっても…しぼっても…


溢れ出す…


音量\(^o^)/


とても響く場所だったので、小さめにいい音で
というお約束だったのに…


楽器は正直です 笑


さすがのコンミスムラーノにもその溢れ出すハーモニーを抑えることは出来ませんでした(^O^)


いやしかし…
みんないい音してましたね

また結婚式で演奏したいですっミズポ様\(^o^)/

さて、明日はボランティア演奏です
明日はどんな素敵な笑顔に会えるのか楽しみだな~ルンッ

早く明日が来ないかなっ
年の瀬、いかがお過ごしですか?
今回は何人ものメンバーが四方八方からブログを書くということですが、
この記事は152センチメンタルがおおくりします。



さて、12月27日は
東京クレオールフィルハーモニックウインドオーケストラ
ホワイトチャリティーコンサート2nd
が開催されました。




準備で寝てなくて目シパシパした人 ○○人

仕込み時間15分であわてた人 ○○人

この演奏会での感動 PRICE LESS



今回の演奏会開催においては、
本当にたくさんの方々の支えがあって、
大成功におわることができました!


どれくらいたくさんの方かっていうと、





とってもたくさんです☆
(うまいたとえが見つからなかった。笑)



本当に感謝感謝です。


-------------------------------------------------------------------------------

@目黒パーシモンホール

「ホールきれー!」
っていう暇もないまま、準備にとりかかりました。

待ってました!とばかりに動きの素早い団員たち。


どのぐらい素早いかっていうと


ちょっとトイレ行ってたら、仕込み全部終わってました
って感じの早さです☆


そのころ、受付は入場ラッシュ!
(実際わたしは見ていませんが・・・)


お客様が会場に入ってまず目に飛び込むのは、
笑顔の写真家・河合美果さんにご協力いただいた、
笑顔にあふれたホワイエの展示。


クレオールのメンバーの笑顔・一押しの表情も
コラージュにして展示しました。


奥には、楽しいキッズスペース!
ピエロさんにも手伝っていただいて、愉快なホワイエになりました。



ほら!楽しいからってずーっとホワイエにいたら、
演奏がはじまっちゃいますよ!


ってことで、
待ちに待った開演です。


司会は居酒屋てっぺんの方に、
その横では、手話通訳として、2人の若くてかわいい仲間に活躍していただきました。


1部はクラシック。
会場のみなさんにも耳馴染みのある曲から、
わたしたちクレオールのトレーナー「鬼練」のお兄さんの華々しいソロコンチェルトまで

わたしたちの音楽から発信するメッセージは
聴いてくださった皆様に伝わったでしょうか。



ちなみに「鬼練」とは・・・
簡単にいうと鬼のように練習することです。
細かい鬼練の内容は・・・・涙なくしては語れないので、やめておきましょう。
「そこ、鬼練しといて」という魔法の言葉がクレオールにはあります。



2部は
クレオールのオリジナリティーあふれるポップスステージ。

新しい試み、パートごとのパフォーマンスをはじめとし、
女帝・・・おっと、、プリンセス・アリエルの登場。
強そうで弱いバルタン星人とやる気満々ウルトラマン。
かわいい顔してクラリネットを容赦なく短くしていっちゃうドSなコンミス。
そして、クラウンのおもしろステージ☆

コンミスを中心に気持ちをこめた、レッドクリフ。


そして、今回のコンサートのメイン
WE ARE THE WORLD。


この曲を大成功させて、1200人でのご恩送りを達成したいという
メンバー全員の想い。



「暗転!?まじかよ!?」と言いつつ、すでに暗譜してたメンバーたち。
たっくさん練習して、自分にしか出来ないソロをやり遂げた団長。
透き通った、高らかな音色のラッパソロ。
ズボンぱっつんぱっつんだったけど、あったかい、ゆったりした音のチューバソロ。

クレオールらしい、想いのつまった演奏。


そして、わたしたちと想いを共有して、コーラスで一緒に音楽をつくりあげ、
手話で想いを伝えてくださった、コーラス隊のみなさん。


笑顔の写真でメッセージを伝えてくださった、笑顔の写真家・美果さん。


ひょんなことで
クレオールのご恩送りを手伝ってくださり、
すてきなPVを全身全霊でつくってくださったプロモーションディレクターこうちゃんをはじめとする
スタッフのみなさん。


「感謝」「ご恩送り」という言葉をこころに留めてくださった
すべての会場のみなさん。



またひとつ
誰かが幸せになる瞬間に立ち会えた約7分間。



クレオールの想いは
きっと伝わったと思います。


みんなでつくったあったかいステージは

わたしたちのボランティア演奏のテーマ曲ともいえる「川の流れのように」を含む
「美空ひばりメドレー」とブロックMにて終演です。



---------------------------------------------------------------------------------

わたくし、152センチメンタルは
この演奏会のプレスリリースを書くところから始まり
ありとあらゆることに首をつっこんで準備をしてきましたが


考えられないほど
数々のすてきな出会いがあり、
普通に暮らしていたら知り合うことなんか全然なかったであろう
愉快な仲間に会い、


準備前半は
親睦パーティーで食べ過ぎて太り、
準備後半は
やることありすぎて、食べる暇なくて痩せ、



「やっててよかった」
「一緒に居れて、一緒に出来て幸せ」


という思いがとまらない数か月でした。



朝も夜もわからないほど、
目まぐるしく準備をがんばったみなさん!


拒否権なくバルタン星人をやらせられたいわお!


ほんとに気持ちをひとつにして、演奏をやりきったみなさん!


ありがとう。
ほんとうは全員の名前を言って、感謝のメッセージを述べたい!
金八先生みたいに。



そして、会場に集まってくださった

熱い思いをもつコーラス隊のみなさん!


一緒にご恩送りをした1200人のみなさん!


こころから
ありがとう。




たくさんのおかげさまを
わたしたちの音楽と、
新しいわたしたちの仲間、ゾウのクレポにつめこんで

2010年も
東京クレオールフィルハーモニックウインドオーケストラは
感謝の気持ちをいつも胸に
「ご恩送り」をしていきます。


来年も
どうぞよろしくお願いいたします。




まじめかっ!
ってことで、
い●だ的感想としては

超たのしかった!!!!!!
みんな大好き!!!!!!!

という2行でまとめさせていただきます!笑





今年1年間に感謝して、
みなさまどうぞよいお年を・・・!
いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます<(_ _)>
一応このブログの名ばかりの管理人でございます。

このブログを開設したのが2008年2月。
早いものでもう二年がたとうとしてるのですね。
毎週の練習の様子や、ボランティア、花火大会?の様子などいろいろな人に書いてもらっていましたが、
たまには管理人も書こうということで 書かせていただきます。

12月6日は、普段練習場所をお借しいただいている地域の音楽祭に出演させていただきました。

その音楽祭には私たちの他に、
地域のPTAの方々によるギターデュオの演奏だったり、小学生によるダンスや、雅楽の演奏(小学生なのに!!)
中学校の吹奏楽部の演奏など、まさに音楽祭にふさわしいもりだくさんな内容でした。

私たちは、
・リトルマーメイドメドレー
・We Are The World
の2曲を演奏させていただきました。

私は奏者ではないので、客席の一番後ろからみていたのですが、会場と一体となって楽しむことができたのではないでしょうか?
奏者の皆様、いかがでした?w


音楽祭の後は、12月27日へ向けての練習をしました。

まずはじめに、休憩を兼ねて、少しだけ2部のステージの演出の打ち合わせを行いました。


自称レイア姫さんの

「去年の篤姫のようなことは やめよう」

という一言から打ち合わせはスタート。

各パート 一ヶ所以上目立とう!!
風船を客席にまこう!!
ディズニーシーにあるアトラクションみたいなのやりたい!!

などなど面白そうな意見がいっぱいでました。



と、みんなが盛り上がってきたら、なんだか雲行きが怪しくなってきたような。。。。

東京タワーを作って壊そう!


いや

東京タワーを誰かがやって、それを 遠慮 することなく、攻撃  しよう!
そのまま東京タワーの 中の人 には  ぼろぼろ  になってもらおう!!


えーーーと、それはみなさん冗談で言ってるだけですよね?
実際にやることはありませんよね?
もしやるとなってもそれは私の役ではありませんよね?。。。。

今年は去年のようなことはやらないのですよね???

2部の演出がどのようになるのか、楽しみなような不安なような。。。。


休憩の後は全員で合奏!!
さっきまでの話し合いとはうってかわって、みなさん真剣な表情です。





チャリコンまでのこりの時間はすくないですが、
たくさんの笑顔のために、演奏も演出も
精一杯がんばりましょう!!


それでは今回はこの辺で~
先日、亀有でアンサンブルコンテストに出場してまいりました。
sax4重奏と打楽器5重奏です。 saxさんは、またもう一度ブログを書いてくれるそうなのでわたしは自分のことしか書きません。えへっ


個人的にはパーカッションアンサンブルは実に9年ぶりで、そりゃあもうたのしかったです。
練習時間や場所も、りえさんが一生懸命調節して召集かけてくれたり、楽器もいろんなところを掛け合って調達したり、いろんな人に応援もしてもらって^^ 
たくさんの人のお世話になって楽しく演奏させてもらいました~

わたしはずっと楽器叩いてただけです。 あは


曲はわりかしシンプルで、花火がテーマな「和」っぽい曲だったんですけど、
打楽器アンサンブルって言えば

とにかく楽器の数が多くて、ごちゃごちゃしてて、一人担当楽器が4~6つくらい合って、
普段はお目にかけないような謎の「これ、楽器??」みたいなものがいくつもあって、
鍵盤楽器は、メロディー担当というか主にロールだけとか、そもそも旋律らしい旋律がないとか
そういうものが定番ってとこもあるんですが(実際わたしたち以外の打楽器さんはそんな感じ)

今回のクレオールパーカッションは

ティンパニ
3トム
スネア
サスペ
シロホン
マリンバ
ビブラホン
グロッケン

と、とってもスタンダード。でも、その分を質で勝負です。質で!

楽器は当日はレンタルしたので、みんな今まで触ったことの無い楽器たちです。こういうとこが辛いですよね~


お昼過ぎ、休憩後の出番だったのでセッティングなんかは割りと余裕を持ってやれました、よかったよかった。
そして、当日に退場や搬出のお手伝いにわざわざ来てくださった4名さま、

ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございました!!すっごく助かりました!!
いい人たちだなあ… クレオールのこういうとこ泣けてきますね。



え~っと。
6時半くらいから結果発表…だったかな?

結果は銀賞。383点でございました。
うん!正直びっくりした!! あれだけの練習時間で、なかなかの健闘っぷりじゃないかな~と思いました。
講評用紙がうれしかったです!

普段は、バンド全体のなかの一つとして、たまにパーカッションに触れてもらえるだけだけど、
ダイレクトに言葉がもらえた今回は、かなり勉強にもなりました!
てゆうか結構褒めてもらった!よね? …

なんかこ~「5人の息があってた」的なことが書いてあったのがなによりうれしかったなあ



すてきな思い出ができました!
応援してくださったみなさん、見に来てくださったみなさん、お手伝いに来てくださったみなさん、
ありがとうございました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。