The charity band Tokyo Creole philharmonic wind orchestra

2008/051234567891011121314151617181920212223242526272829302008/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トゥットゥルー(^ω^)
呼ばれてないのにこんにちは☆

バイト先に殺人予告がありました、ちびっ子代表*cana*でございます
物騒な世の中になりましたね~…あたしは護身用にCPOから夜遅く帰るときはMY楽器を背負ってますので無敵です


実はこのブログ、先週書いて、[保存]ボタンを押したんですが、全部きれいさっぱり消えてしまったみたいなんです....前回書いたときもこのトラップにはまった...で、今泣く泣く書いているわけです...φ(._.)
更新が遅くなって本当にごめんなさい(>д<人)


今回(6/22)の練習はまず、
皆さんご覧になったでしょうか??
校門入ってすぐ横に!!
オレンジ色のマーチ!!!!!

そう、我が団長の愛車
さすが、サークルマウンテンさん!!!

小さすぎるよ!!可愛すぎるよ!!

と心の中で深く深くツッコミを入れてしまいました。笑



さて、14時からは復習合奏♪
指揮台にのぼるのは、最近髪の毛生えてきたね...じゃなくて伸びてきたね☆なYO-式さん、

それぞれの出来ない所を同じテンポでみんなで一斉にやる

っていう画期的な練習方法を行いました。

正直、出来ないっす。先輩。



でも、金管群、木管群で苦手なところはだんだんまとまって明確になってきましたね。

そんな中、どちらの群からもあぶれていた男がひとり...それは団長。
あたし達が必死こいてる中、何をやってらっしゃるのかと譜面をのぞくと...??

のばし!!!(゚Д゚ノ)ノナゼ!?

さすが、クオリティーの違いを感じます。


その後も、最近髪が伸びてきたYO-四季さんの指導のもと、いろいろやりました。←
※来てない方は誰かに聞いた方が早い!!

そして、さすがに2時間を超えるとみんな疲れてきたので、みんなで体操したりしました。


17時ごろ...
マエストロ到着。

ちなみに今回のマエストロ専用1カメさんを担当するのは、我が団のアイドル、キューピーちゃん
ほんとにちゃんとファインダーを覗いていました!!笑


合奏は自由曲後半からはじまり、フレーズの取り方やストリンジェンドのかけ方などを練習。

そこで気付いたんですが、最後の方、全員がffで頑張ってるところ、あたしのパート11小節も休み...orz
そこで合奏が止まった時、あたし以外全員吹いてて叩いててびっくり(笑)


それはさておき、合奏は自由曲前半から課題曲の通しへ。
自由曲では、出来るだけ暗譜して、先生の表現を少しでもくみ取るようにすること、
そして、課題曲は感情の込め具合をみんなで統一すること、などなどのアドバイスをいただきました!!

あたしの主観では、自由曲はちょっとだけわかってきたような気がしました(´・ω・`)
しかし、それにどのようにCPOらしさをプラスするのか、私たちの音楽にしてくのか...
譜面に書いてあることを表現するのに頭がいっぱいな今、まだまだ色々考えて吹かなくてはいけないなァと思います

そこで私は

頑張ろう

という前向きな言葉が頭に浮かんだのでした。
学校でもバイトでも家でも色々嫌なこといっぱいあるけど、疲れるけど、CPOに来たときは

頑張ろう

って気持ち忘れないでコンクールまでフルスロットルかけて行きましょー(ノ・`∀・)ね♪


そして最後に....
本当に更新遅くなってごめんなさい....
スポンサーサイト
遅くなりました!!

どうも~
2週続けて笛吹です(・∀・)


実は途中から出席したので細かいことは??なんですけど…


今日は指揮者の方がいらっしゃらなかったので、分奏・パート練が主でした。

そこへ保育参観を終えた私がヒョコっと現れたわけです。

保育参観の出来ですか??

そりゃもぅ!!
ばっち・ぐ~ぅ(・ω・)b
でした。


さて、本題へ…

着いてすぐに合奏をやってほしいとのことだったので皆を音楽室に集め。

あれ?誰が指揮振るの!?

私……?

っということで笛吹による合奏スタート!!

ローマはお手上げだったので天馬をやることに。

吹く際に、ここはどんな場面かメンバーに聞いてみると…
草原を走っている所、草食べてる所など、イメージがみんなそれぞれでした(-∀-;)
皆でもっと曲について話しあいたいですね~。


合奏途中、CPOらしい音楽をつくるためにミーティングをしました。
語弊があっては困るので欠席していた方はメンバーに詳細を聞いてくださいね。

簡単に説明すると、コンクールに向けて不安や疑問に思っていることをなくそうということで、コンクールに出る目的やなぜ自由曲は○○なのか、なぜ…

そしてまとめでは、
1年間ボランティア活動を通して培ってきた音楽をコンクールでも出せるように、指揮者の先生が言った通りだけでなく、
ここはこういう風に吹きたいとか
こんなイメージでなど
自分達の音楽をつくっていこうと。


文章書いててあってるかどうか不安になってきたけど、大丈夫かな。

間違ってたらすぐに言ってください!



そして最後に15・18・20日がHAPPY BIRTHDAYのメンバーにサプライズ演奏♪
某○○くんの目には光るものが見えたけど、気のせい??
年齢は聞かないであげてね(笑)


そしてそして
こんな私のへんてこ合奏に付き合ってくれたメンバーありがとうございました~(TωT)


そしてそしてそして
サプライズだったのに私のミスでバレてしまってすみませんでした!!


さぁ!!気合い入れ直してコンクールがんばりましょーう(^0^)/
お疲れ様です(・ω・)
笛吹です。

初書き込みということでお手柔らかにひとつお願いします。。。


今期最初の先生の合奏ということでローマと天馬の吹き方などの意思統一をしましょうとお話がありました。
アッブも含め最初は天馬を1回通し、細かい所は時間があったらとのことですぐにローマに移りました。

クレッシェンド、デクレッシェンドの約束…
黒板があった方が説明しやすいとのことで、クレッシェンドはすぐに上がりきらないこと、逆にデクレッシェンドはすぐに下がらないことを意識するようにとのことでした。

先生は数学担当だったとのことで……
比例・反比例の授業を思い出しました。

そして中低音主役の③のペザンテがカットになりました~

残念(-∀-;)
時間オーバーになるので仕方ないですね。


さて途中途中細かい指示がありました。アーティキレーション、皆さんもう一度確認しましょうね。木管はスラーのあとのスタッカート気をつけましょう。


休憩を挟んで30分ほど天馬をやりました。

天馬は1小節目からのドルチェ、Iからのエスプレッシボをいかに表情豊かにやるかで曲が変わってくるとおっしゃっていました。
特にKは最も重要!!

なのでテンポが一定になることはありません。


ん~、難しい(-ω-;)


気付けばあと1ヶ月半ですね~。合奏も1回1回大切にしたいものです。

みんなでがんばりましょう!!
ごきげんよう☆

お久しぶりに書かせていただきます、オーロラ姫です(´∀`)ノ

更新かなり遅れてしまい申し訳ありません。。。

とうとう6月突入ということで、コンクールまであと2ヵ月( ̄□ ̄;)!!


がんばりましょう。


今回は、Nさんが指揮を振ってくださいました!

合奏内容はというと、まず『ローマの祭』から攻めようということで祭からスタート→→→


始めから細かくご指摘を頂きました!


まず、チルチェンセスではクレッシェンドのかけ方をNさんは実にわかりやすい説明で、かなり熱く何度も、何度も語ってくださいました!

『こう…何かを…こうやって…ぐぁ~~~っと…引き裂かれるような感じっていうか…こう…何かを……』と。


それから、木管は連譜をひとつひとつはっきりと鳴らす、金管はエネルギーを使い果たすほどの勢いで吹く的なことを指摘されました。

主顕祭では、29番のメロディー?の引き継ぎをかなり練習しました。


それから46番からは4拍子の部分はまだ早くせずテンポどおりで、2拍子に入ったら段々早くしていくそうです。


つまり!
指揮をよく見ましょうっていうことですね!!


そんな感じでした!


課題曲は、時間がなくなってしまって出来ませんでした。


今回の合奏をして思ったことは、まず、もっと譜面に書いてあることを忠実に、そして大げさにやらなくてはいけないなと思いました。


強弱にしても、付点などの音符の長さにしても、アクセントやスタッカートなどのアーティキュレーションにしても。


このようなことは、指揮者に指摘される前からやらなくてはいけないとわかっているはずで、こちらが気付いていないか、見落としているだけなのだと思います。


でもな~、そんなことわかってるんだけど・・・。


難しいんだなあ。


でもでも、がんばりましょう(*´д`*)ノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。