The charity band Tokyo Creole philharmonic wind orchestra

2008/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、お久しぶりの登場です。TUBAのHeavyです。えぇ、ちっさい方です。

今日は合奏前にパート練をしようではないかっ!という話があったのですが、見事に忘れてました。
申し訳ございません


今日は合奏前にミーティングで少しマジメなお話がありましたね。2台のパソコンを使い、『世界がもし100人の村だったら』を見て、CPOを創設した想いというか、そういうものを聞かせていただいて。
12月のチャリティーまで時間が無いっていうのも改めて思いました。

あ、『世界がもし100人の村だったら』を見たい方は、どうぞ当ブログの右端にあるヤツからどうぞ。
やや感動系の音楽と一緒にご覧になるコトをお勧めいたします。っていうか興味ない人もとりあえず見てみなよっ!


今日の合奏は新たな先生をお呼びし、まずはハーモニーのお勉強から。
一般的なのは、バスクラのB♭から始めて下から音をかためていく方法。もうヒトツは、クラリネットのB♭から始めて上から音を固めていく方法。
大体の吹奏楽は前者の方法を使ったハーモニーだそうです。

ハーモニーの練習をしようとしたら・・・・肝心のバスクラが居ない!先生苦笑い
まずはクラリネットの方から試してみて、色々難しいコトを言われてましたね・・・・・でも、確かにハーモニーが全く違うのは判りましたよっ!
こんなハーモニーの練習なんて、自分は初めてだったのでそりゃもう必死でした。きっと必死すぎて耳がピクピクしていたコトでしょう。


そのあとは、とりあえず『Orient Express』を。
楽器が足りないので [B] 丸々とばしましたっ!実際やってたらまた進めなくなってたんだろうか・・・・いあ、できるようにならねば!どうにかあわせたいですね。
個人的には、この曲のあの汽笛っぽいのが好きです。[C]の部分とか特に列車っぽいなぁと。

その後は『With Heart and Voice』。
吹くほうも久しぶりなら、先生も久しぶりとのコト。
お互い探り探りなカンジで・・・・なんともいえませんでした^^;
時間が足りなくて、最後までいけなくてちょっと残念です。。。


今日の先生はとっても愉快な方でした。
『With Heart and Voice』 をやってる時の 「ひらたさん ひらたひらた ひらたさん」 が頭から離れませんw
でも、身振りや歌ったりとわかりやすく教えていただいて、色々と勉強にもなったので、是非ともまたきていただきたいですね。


今回はこんなカンジでいかがでしょうか・・・?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。