The charity band Tokyo Creole philharmonic wind orchestra

2009/01123456789101112131415161718192021222324252627282009/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ども(`・ω・´)
今回はじめてブログを書かせてもらう岩男です!
うまく書けるか分からんですが、頑張って先日のボランティアの話を書こうと思います。。


2月21日、僕はnational駅に降り立った。
まだ誰も集合場所に来ていない(´・ω・`)
一番乗りのようだ。。
ふと改札のほうを見てみると、しきりにこっちのほうに手を振っている人がいる・・・
一度は目をそらすもののやっぱりこっちに手を振ってるヽ(´Д`;)ノ
よ~く見てみると・・・


あれΣ(゚Д゚;)
ポニョさんwww

マスクしてて、ちょっと距離あったんで気づきませんでした(;´∀`)
しかし気になることが・・・

なぜ改札から出てこない??
その後他のメンバーたちが来て一緒に改札から出てきたんで訳を聞いてみると。。。

財布を忘れたそうで(´・д・`)
だから手を振ってたのか・・・
スルーしちゃってすみませんでした。。

そんなことがありつつスタジオに移動し12時まで練習!
そしてボランティアを行う施設まで移動し昼食ターイムヽ(・∀・ )ノ

ご飯を食べ終わると、みんなで折り紙ターイム(σ・∀・)σ
みんなで薔薇を折りました。薔薇は2、3月の誕生日の人にプレゼントですヽ(*´∀`)ノ

そしていざ本番!!
曲目は・・・
1.北国の春
2.荒城の月
3.りんごの唄
4.東京ラプソディー
5.誕生日
6.ふるさと
7.愛燦燦&川の流れのように

今回は司会を一人に決めず、曲ごとに担当を決めてやる形でした。
僕はふるさと担当だったんですが・・・

その場のノリで司会しようと思ってたものの、まぁ無理でしたね(;^ω^)
声小さいってダメだしもされたし。。。
頑張って声出したのになぁ(´;ω;`)


そんなこんなで無事に!?終了しまして、今回は利用者さんに感想を聞くことが出来ました。
皆さんとっても喜んでくれていて、中には感激のあまり泣き出してしまう人も・・・

今回自分は正直至らない点が多々あったんですが、とても喜んでいただけてよかったです。
これからももっとたくさんの人を音楽で喜ばせてあげられたらいいなーと思いました♪

スポンサーサイト
お疲れ様です。初ブログを書きます(´・ω・`)
少々緊張気味ですので温かい目で見てください…(;´・ω・`)


今日はアンサンブルの合わせと課題曲の合奏をしました。我らがGeneration Girlsはジブリ好き、ジブリマニアに必見な仕上がりになりつつあります。乞うご期待です♪ちなみにチーム名の「Generation Girls」というのは奏者の世代がみんな違う、という由来でつけられました(´∀`)
世代が違っても、ジブリアニメというのはなぜかみんな共通に知っているので練習していても楽しいです。日本人の多くは知っているであろう、ジブリ。
宮崎駿の威力には脱帽である、と感じた20歳の冬であります(´・ω・`)

課題曲の合奏はみんな個性のある曲で題名に「★」がついちゃったり、題名を読むたび噛みまくりの「シャンソン」だとか…様々でした。夏に向けてがんばりましょう\(^o^)/♪


話は変わりますが、先日東京の奥地、奥多摩に行って参りました。そしたらなんと!!雪が降っていました(*゚∀゚*)しかも吹雪チックなかんじ。今年はあまり雪が降らないので興奮してしまいました。
で、故郷羽村に戻ったらば雪どころか雨も降っていませんでした。「山の天気は変わりやすい」と言いますが、羽村はまだまだ都会に近いな(*´∀`*)と思いました。
最近も天気模様があまりよろしくないので、皆さま体調を崩さないように気をつけてください。


ではでは来週もがんばりましょうです♪
毎回毎回ブログを書こうとすると、題名だけ入力した時点で一度保存してしまいます。

そんな、なにかとエンターを連打するのがクセなTubaの重い人です。


久々にブログを書かせていただきます。
インフルかかったりで1月はほとんど練習してないですからね・・・・



15日は、バレンタイン翌日!
心やさしい女子2名からおいしいチョコレートをいただきました。



それはさておき。


練習場所は10時から使えたので練習していた方もいらっしゃるみたいですが、自分は16時~のワークショップより参加しました。


まずはアンサンブル係の方よりいくつか連絡事項が。
簡単なパンフレット的なものを作りたいので、参加グループははやめにグループ名・曲名・メンバーをアンサンブル係まで提出お願いしますー。



ってココで連絡してどうするっ!



まぁそこらへん詳しいコトは、同じグループの人や同じパートの人や友達に確認してくださいね(*´ー`)



そんなこんなで連絡をしたり、ワークショップの準備をしたりしているうちに時刻は4時20分。

われらが(?)劇Pのありがたいお言葉(約15分予定)が見事に削られてしまいいました。。。。



ワークショップはどんなコトをしたのかといいますと。



今回は、耳の聞こえない方2名に来ていただきました。

んで、団員は7~8名のグループ2つに別れます。
もちろん、それぞれに来ていただいたゲストの方も入っていただきます。
団員は各々の楽器を持ったまま、グループ毎に輪になって座ります。



ここからはグループ毎に微妙に違うコトをしたと思いますので、自分のグループがどんな感じだったかを話させていただきます。



まずは、自分たちからゲストの方に自己紹介を。

といっても、今回来ていただいたゲストの方はある程度なら聞こえる方だったので、ホワイトボードに書かなくても口の動きと聞こえる音でだいたい伝わってしまいました。



口の動きやはっきりと聞こえない音で相手が何を言わんとしているのかわかるのもすごいのですが、それよりビックリしたのが


ゲストの方、よく喋るんです。


ワークショップの前に、劇Pのほうから

「二人とも、ホントは聞こえてるんじゃないかっていうくらい喋る女の子だから」

とは聞いていました。


でも実際ホントによく喋るし、こっちの言葉もちゃんとわかってくれるし・・・・。

いっつも 「え?」 って聞き返してる自分が恥ずかしいくらいです。



自分たちの自己紹介が終わったら、ゲストの方にも自己紹介をしてもらいました。


今は個人情報ってうるさいから詳しいコトはいえないけれどっ!



ゲストの方は過去にフルートを吹いたコトがあるといってました。
なんでも英語の先生がフルートを吹いていて、それをやらしてもらったんだとか・・・・。

フルートは息の吹き方とか難しかったそうです。



そんなこんなで10分経過。


グループ毎に代表者を一人決めて、ゲストの方から聞いたコトなどを軽く発表しました。



と、ここまでは緊張をほぐすためのアップトレーニング。



次は、もっと多く時間をとってワークショップ。

まずは、こちらのグループにある楽器(チューバ・クラリネット・フルート・トロンボーン)の音をゲストの方に聞いてもらって、どんな音が好きか、また不快に感じるかを聞いてみました。」


チューバの音はなんか、、こう・・・・・おならみたいといわれましたorz

あんまり低い音がプォーと伸びるのは好まれないようです。


でもチューバとクラリネットが一緒に吹いている音はそこまで不快ではない。



また、同じクラリネットでも吹く人が違うと音が違って聞こえるというのもわかりました。

フルートについては、低い音はいいけれど高い音ばかりでもちょっとイヤな感じがするそうです。



こうやっていろいろな楽器の音を聞いてもらうと、ゲストの方の感じ方が私たちとほとんど変わらないコトに驚きました。
ただ、耳が聞こえない人でも高い音が聞こえやすい人や低い音が聞こえやすい人など、多少なりとも個人差はあるようです。



そこでボランティアなどでよく演奏している「ふるさと」を聞いてもらうコトにしました。

よく演奏しているといっても、メンバーなどによって編曲が微妙に違うのでほぼ初見での演奏となったのですが・・・・


長くて、聞いているうちに眠くなってしまう。
みんなが立って演奏していると、誰がメロディーをやっているのかわからなくなってしまう。
でも、フルート→クラリネットみたいにメロディーが移り変わるのはわかる。


編曲者が意図して作ってる音楽もわかっているし、退屈な音楽で眠くなるのも私たちと一緒。

ホントにすごいと思いました。実際は聞こえてるんじゃないかとも。



そして気になった点は、

「トロンボーンやチューバの低い音が伸ばしていると、おなかにズーンと来る感じであまり好きではない。」


というトコロ。



ブォーと伸ばしてる音が嫌いなのであれば、

もっと軽くスイングしてみたらいいんじゃね?


そんな軽いノリで「ふるさと」を若干スイング風にアレンジ。
スイングガールズみたいにうまくはできませんが、ベースはビートを刻むように(?)、メロディーも自由に楽しそうに編曲。


すると、「こっちのほうが楽しそうでいい。」

とゲストの方も楽しそうにいってくださいました。



低音がおなかに響く分、低音でリズムを刻むとわかりやすくなるようです。



その後も、タンバリンを入れてみたりクラリネットを1オクターブ上げてもらったり、若干編曲者に無理難題を言われながらもゲストの方と「ふるさと」を作ってみました。



そんなこんなで、何か新しい発見をしたというよりも楽しくおしゃべりしていただけなんじゃないかと思うようなワークショップでした。




次にこういう方とワークショプをするときは、「キモい」以外の手話をどんどん教えてもらいたいですね。
こんにちは☆今日は三軒茶屋にやってまいりましたー!!
「目の見えない人とのデジカメワークショップ」ということで、三軒茶屋の街をグループで散策しました♪


私のグループには、目の見えない方とそのお子さんと来てたんです☆小4の女の子でとっても可愛かったです♪♪
街を歩いてて、写真に撮ったのはパン屋、イケメン店員、マグロの解体ショー、ゴリラビル等々…これぞ三茶!みたいなものを探しました◎


撮ったものを持ち帰り、プリントアウトしました☆


がっ!!ただのプリントではありませんっ

特殊な機械に通すと写真が浮き上がって立体的になるんです◎

一緒に回って目にしたものを全員で共有しようというコンセプトでした。


触ったら分かるっ!というわけではないですが平面の写真よりも情報が多く、「ここが顔で…」という風にコミュニケーションもとれました。


また、私が感動したのは、お子さんの写真でした。聴覚障害のお母さんがお子さんの写真を触ってる姿が感動しました。
今まで一番見たかったものだと思います。


ワークショップに参加してみて感じたことは、普段の情報の提供の仕方が曖昧であったことが分かりました。「これ、それ、あれ、どれ」は目の見えない人には分からないので使用禁止でしたがついつい使ってしまうものでした。
また、階段があって「階段です」と伝えてもすかさず「ママ、螺旋階段」との声★正しく詳細に伝えることが大切なんですね。

そして、情報の共有というのがとても大切でした。

とても楽しい1日でした◎

おはようございます~!またまたブログ書かせていただきます☆

先日書いたブログにコメントを頂きまして、ありがとうございましたm(__)m
コメント頂けると嬉しいものなんですね☆これからも盛り上がっていくよう頑張っていきます~!


さて、2月8日の練習は…アンサンブル練習しました☆

その前にミーティングもしました(*°∀°*)
団費回収の仕組みがちょこっと変わっていくので、皆さんご協力お願いします☆回収率UPして景品もらえるように頑張りましょう~♪


ミーティング後は自由にアンサンブル練習しました☆

私もアンサンブル所属してます!
その名も…


「Teamリベンジ」


大丈夫かな??リベンジする!!って言ったものの、私本当にリベンジできるかな??笑
あの曲をリベンジするためには、だいぶまた練習が必要だよなぁ(¨;)

でも、やるって言ったからにはやるんだ!!!

もしリベンジできなかったら、皆さん笑って許してください☆


再来週からは合奏をしていくそうです(*^^*)
ということでアンサンブルに時間とれるのは来週まで★
そして、来週はどうやらゲストに来ていただくそうです☆
皆さん、来週は集合しなきゃソンですね!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。