The charity band Tokyo Creole philharmonic wind orchestra

2009/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは
CPOコンミスのムラーノですご無沙汰しております

今回は8月2日という日に向けて繰り広げられた1つのドラマを書き上げたいと思います

そう…

8月2日は吹奏楽コンクール

昨年の銀賞という悔しさのリベンジを果たすべく…
いや
銀賞のリベンジじゃない
納得のいく演奏が出来なかった事に対するリベンジだ


そう心に誓い、今年のコンクールに向けて動き出しました

わたしはコンミスとして、自分がやりたい音楽をメンバーに余すとこ無く伝えたい

メンバーはどんな音楽がしたいのかもっと知りたい

そのために始めた分奏

どんどん音楽が変わってゆくのがスゴく楽しくて、皆との絆が深くなっていった気がします


大変と思うときも、本番後の充実感・達成感の事を思えば頑張れる

ただただ良い演奏をしたい

それだけです


そして迎えたコンクール


ステージに上がり皆と目が合い

今日は去年とは違う演奏が出来る


そう確信しました


課題曲…みんな吹きながら笑顔でした

皆とアンサンブルが出来ていることが嬉しくて、音楽をしていることが楽しくて

途中色んな事を思い出して涙が出そうになりましたが

泣いてる暇なんかない音楽を楽しもう

そう思いました

自由曲…
こうなってくると
ローマの祭
では収まらないですね

正に
CPOの祭


去年とは全然違った祭だったと思います


楽譜は一応譜面台に置いたけど、そう言えば1回も見てないや


そのくらい音楽をする事に夢中でした☆


もちろん
足りなかったところはたくさんあります


ありすぎるくらいあります


でも
そんなのこれから少しずつ補っていけばいいんです


今年のコンクールで得たものはすごく大きかったと思います


わたし自身
たくさん学ばせてもらってすごく幸せです


これからのボランティアやチャリティコンサートで
コンクールのステージで演奏した課題曲のように
皆の楽しさが溢れる音楽をしていきたいですね


大切な打楽器や前日練習の場所を貸して下さった中学校の皆さん本当にありがとうございました
そしていつも練習場所を貸して下さっている中学校の皆さんもありがとうございます

感謝を音でお返し出来るように、これからも頑張りましょ

以上
コンミス、ムラーノでした
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。