The charity band Tokyo Creole philharmonic wind orchestra

2009/101234567891011121314151617181920212223242526272829302009/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新が遅くなってしまって申し訳ございません。


普段は腕時計の販売をしております、TUBAのHeavyでっす。
今日はサクっと22日の練習模様を紹介していきたいと思います。


この日は14時から木管、金管&パーカッションともに分奏でした。
自分はTUBAなので金管&パーカッションサイドだけ書かせていただきます。

やった曲はファンタジアinGとスターウォーズ。


ファンタジアのほうは、かの有名な曲をファンタジーっぽくアレンジした曲です。
なんの曲かは聴けば分かりますよ!ぐへへへへ ←

なんとなく、自分の中でこの曲のイメージは『チョコボとモーグリ』なんですよね。
いや、決して「ファイナルファンタジー」とかいう名前からきてる安直なイメージではないですよ?(´・ω・)
なんかこう、サビに入る前の感じとかが3拍子のトコがチョコボの森っぽいなぁと思います。

あ、でも実際は『テッテケテケテケテッテッテー♪』っていう、まんまチョコボの曲ではないですのでご了承ください。



今回メイン楽曲になるスターウォーズは、以前に比べると形もできてきたみたいです。
体力的にはまだしんどい部分もありますが、もっともっと自分達の曲として演奏できるようにがんばりたいですね。

ちなみにこの分奏のときに、いつも笑顔でムチを飛ばしてくれる指揮者、津畑さんが昔演奏したスターウォーズを聞かせていただきました。

・・・・・・しっかり体力作っておかないとっ!(;`・ω・)

なんて冗談はおいといて。実際楽譜をしっかり読み込んで、音の緊張感を保って吹けばかなりカッコいい曲だと思います。



たっぷり2時間の分奏のあとは、もちろん合奏。
本番で指揮をふってくださる先生をおよびしての合奏です。

やったのはファンタジアinGとスターウォーズとウィーアーザワールド。



12月も近くなってきてみんなの集中力もたかまってきてるのか、スターウォーズのメインテーマを吹いたときに、「出だしがいい音になってきてる」とのお言葉をいただきましたヽ(*´∀`*)ノ キャッキャ

もちろん、出だしだけじゃコンサートではお客様を満足させられないので、これからの練習でその音をコンサートの最初から最後まで出せるようにしていきたいですね。





そして最後に本日のメインイベント、ウィーアーザワールドの録音を行いました。

カタカナだと分かりにくいですよね(´・ω・)スミマセン
えぇ、マイケル・ジャクソンの名曲『We Are The World』です。

英語は苦手なのでカタカナで済まそうと思ったのですが、カタカナだとなんか違う・・・と思って英語に書き直してみました。
ちなみにスターウォーズは『ウォーズ』の部分がいまいち分かりません。
Wars・・・・?Wors・・・・?

まぁそんなコトはおいといて。
この『We Are The World』、実は津畑さんが朝6時までかかって編集してくれたものなんです。
ホントにありがとうございます。゚(ノд`゚)゚。


ちなみに、なぜこの曲だけ録音するのかといいますと、チャリティーコンサート本番では合唱隊と共に演奏させていただくからです。
でも合唱隊の方々だって、どんな編曲なのかも知らずに歌うコトはできません。なので、録音したテープを合唱隊の方に渡して、イメージは掴んでおいていただこうという魂胆(?)です。

何度か練習をして、いざ録音。
なんとココでCPOの底力が目覚めます!!


14時から吹いてる人だっていて、みんな疲れてきてるはずなのにめちゃくちゃいい演奏ができたんです!


実はこの曲、普段あまりソロを吹かないバリトンサックスとチューバがそれぞれソロを受け持ってる部分があります。
練習ではちょっと自信なさげな二人でしたが、この時はとってもいい感じにソロがふけました。


そして私は見ました。チューバのソロが終わったあとに指揮者の方がだしたオッケーサインと笑顔を。



そんな感じでCPOは、現在着実にチャリティーコンサートに向かって進んでいます。
色々な方の協力でどんどん素敵な演出が考えられています。
その方々の期待を裏切らないように、またコンサートに来ていただいた方に笑顔で帰っていただくためにも、自分ができるコト、やるべきコトをクリアしていきたいですね。


長々と書いてしまいました。読んでくれたかたありがとうございます。
それでは皆様、寝不足にはくれぐれも注意してよい週末を (*´Ω`)ノシ
スポンサーサイト
今日お仕事をしていると、両親からそれぞれメールが届きました。

パパさんからは「ママにもたまにはお祝いメールをしてください」
ママさんからは「今日パパの誕生日だからちょっとメールしてやって」


そんなお二人の誕生日を微笑ましく思ってしまった長男です。

では、さっそく日曜日のブログを書かせていただきます。




まず感じたこと、それは”世の中はすごく面白い”ってことでした。

良い日もあれば悪い日もある。昨日と違う今日がある。



人との出会い、繋がりも、本当に面白い。

昨日までは知らない人と一緒に歌っている.

一緒に音楽を奏でている。

笑ってる。楽しんでいる。

ドキドキする。わくわくする。

世の中って本当に面白い。



日曜日に、はそんなステキな人たちにお会いすることができました。


そうなんです。

演奏会を様々な分野から盛り上げて頂ける、本当にいろいろな方が来て下さいました。

しかも、みんなめっちゃ良い人たちです(笑)



お会いできたのは、ほんのちょっとだったかもしれないけてど、

ものすごい、何かをいただきました。



クレオールの活動に、こんなにも興味をもってくれる人たちがいるんだ。

一緒に演奏会に向かっていけるんだ。

クレオールの魅力って何だろう?

改めて、考え始めました。




クレオールってすごいな。




感じ方、考え方は人それぞれ、いろいろあると思う。

でも、クレオールで出会う人たちって不思議なくらい、魅力がある。



人との繋がりは、シンプルに”面白い”。



人との繋がり。



そんな中、ふと、頭をよぎる言葉が。。。





「ご恩送り」





僕は今まで、たくさんの人とのつながりの中、どれだけご恩を頂いたのだろう。


そして、どれほど、次の人に送ることができたのだろうか。


今の自分にできること。やれること。



人との繋がり。ご恩の繋がり。




もっともっともっと、もっと繋げていきたい。

はじめまして!!初ブログです!!
一番後ろに座って、げらげらでかい声で笑っているTPの長老です!!

今日は、11月9日に西新宿のcoffee&tea cafe BBB(自家焙煎珈琲とサンドウィッチがまじうまい!!)にて開催したCPOファン感謝祭の模様をお伝えしまーーす☆

今回、チャリティコンサートのために、子ども達の笑顔の写真を提供してくれる、
笑顔の写真家さん を招いて、トークショーとミニコンサートを開催しました!!

集まったのは約20人の男女、みんな個性のある方々です!!

来てみたら、すでにみんな温かい空間を作っていました!
すごい、なんか今日はものすごいことが起きそう、そんな感覚になりました!

だって、笑顔の写真家さんとは、メールでのやりとりしかしていなかったのに、
お店に入ってすぐに、誰がその方かわかってしまったんです!!

もうそれはステキな笑顔の方で、顔をあわせただけで仕事疲れで
充電切れまじかの私が、充電満タンになりましたから!!

まずは、ミニコンサートの始まりです♪
もうこのカフェにぴったりな、かわいいお二人のクラリネット2重奏!!
至近距離のせいか、ものすごく緊張してるまいっちとかよっぺ☆

曲の紹介もまじえて、すごくアットホームな演奏会に
みんながひきこまれていきました。
あまりの緊張っぷりに、思わず笑顔の写真家さんに
「一緒にご飯食べてからにする??」なんて温かいお言葉!!

でも精一杯みんなを楽しませてくれた2人、ほんとステキでした(^^)
オーヴァーザレインボーとか、ほんと好きな曲だし、アレンジも加えてて、
ものすごくみんな笑顔になってましたよ!!
笑顔をうみだす音楽ってすばらしいな!!改めておもいました!!
そんな空間を作ってくれた2人に感謝感謝です☆

そんないい雰囲気でコンサートを終え、写真家さんのトークショーの始まりです。

温かい空間で、温かい声で話しはじめる写真家さん。
サンドウィッチがものすごくおいしいのですが、その手もとまって聞き入るほどの
温かい言葉の数々。。。。
録音しておけばよかったと思うほどのすばらしいお話でした。

全ての言葉を覚えきれなかったのですが、私が一番心に響いたのは、
「無理して笑顔になる必要なんてない。」
「孤児院の子ども達は、本当の素直な笑顔。でも、その笑顔の奥に
何を抱えているかを感じてほしい。」
「頑張ろうとしなくていい、自分ができると思ったことを
できる限りでやればいい」

一字一句あってはいないとおもいますが、写真家さんはこのような
言葉をおっしゃっていました。

私は、貧しい国々の子ども達を助ける活動をしている方というのは、
常日頃、自分のポテンシャル以上に頑張ってる人だと思っていました。

でも、この方は、自分はそこに行くだけでいいと思っていると
おっしゃった時、何か自分の胸のつっかえがとれたきがしました。

日頃、自分のポテンシャル以上のものを求められる仕事をしているせいか、
ボランティアにおいても、頑張らなきゃ、という気持ちでいました。

「身体一つ、笑顔一つで、あの子達はよろこんでくれるんだよ。」

何か私も、肩はらずに、自分のできる範囲で、できる限りのことを
すればいいんだ。そう教えられた気がして、すごく張り詰めてた糸が
きれちゃいました。

そのせいか、自己紹介中に泣く始末・・・・
クレオールで参加してくれたみんなには、ものすごく恥ずかしい面を
見せてしまったなと、反省。

でも、あの瞬間に涙がでてしまうほど、ものすごく私にとっては
全てをさらけだせる、居心地のいい空間だったんだと思っています。

この会に参加した人には伝わっていると思いますが、
私はクレオールに救われたと思っています。

普段は人を笑わせることしかできない能天気ですが、
私はクレオールにほんとの笑顔をもらったと思っています。

入団した時、精神的に病んでいた私にとって、
ほんとに、笑顔をよみがえらせてくれました。

だから、私は、このチャリティコンサートで、
クレオールへの感謝の気持ちを音にのせたいと
思っています。

その思いが、さらなる笑顔につながってくれたら何よりです。

演奏は下手だけど、写真家さんがおっしゃっていたように、
自分のできることをすればいい、そう思って楽しく演奏したい、
そう思っています。

そして、この会で出会えた方々に感謝したい。
写真家さんの話を聞いて、それぞれに何かを感じ取り、それを
言葉にできる、そんなすばらしい方々でした。

一眼レフを最近買ったばっかで、これからたくさんステキなものを
とりたいと決意を固める子。
家族の病気と毎日向き合っていて、でも笑顔でいることの大切さに
気づいて涙する子。
ゴスペルを初めて、自分が影響の受けたゴスペルの歌詞と
写真家さんの話を重ねて感動を覚えている子。

全てのみなさんが、すてきな言葉をプレゼントしてくれました。

そして、最後にみんなで、写真家さんの撮ったたくさんの
笑顔の写真と私たちのチャリコンへのメッセージを入れた映像を
鑑賞しました。

ほんと、こうちゃんありがとう。あのうるさいクレオール顧問に
つきあって朝までかけて私たちの想いを、映像にしてくれて、
ほんとにありがとう!!!

すばらしい会に参加できた今、
私、ものすごいやる気になってます!!!

クレオールのみんな!!
笑顔をうみだす笑顔と音楽、届けましょう♪

ごめん、長くなった、ここらでTP長老退散しまっす!!!


先日、亀有でアンサンブルコンテストに出場してまいりました。
sax4重奏と打楽器5重奏です。 saxさんは、またもう一度ブログを書いてくれるそうなのでわたしは自分のことしか書きません。えへっ


個人的にはパーカッションアンサンブルは実に9年ぶりで、そりゃあもうたのしかったです。
練習時間や場所も、りえさんが一生懸命調節して召集かけてくれたり、楽器もいろんなところを掛け合って調達したり、いろんな人に応援もしてもらって^^ 
たくさんの人のお世話になって楽しく演奏させてもらいました~

わたしはずっと楽器叩いてただけです。 あは


曲はわりかしシンプルで、花火がテーマな「和」っぽい曲だったんですけど、
打楽器アンサンブルって言えば

とにかく楽器の数が多くて、ごちゃごちゃしてて、一人担当楽器が4~6つくらい合って、
普段はお目にかけないような謎の「これ、楽器??」みたいなものがいくつもあって、
鍵盤楽器は、メロディー担当というか主にロールだけとか、そもそも旋律らしい旋律がないとか
そういうものが定番ってとこもあるんですが(実際わたしたち以外の打楽器さんはそんな感じ)

今回のクレオールパーカッションは

ティンパニ
3トム
スネア
サスペ
シロホン
マリンバ
ビブラホン
グロッケン

と、とってもスタンダード。でも、その分を質で勝負です。質で!

楽器は当日はレンタルしたので、みんな今まで触ったことの無い楽器たちです。こういうとこが辛いですよね~


お昼過ぎ、休憩後の出番だったのでセッティングなんかは割りと余裕を持ってやれました、よかったよかった。
そして、当日に退場や搬出のお手伝いにわざわざ来てくださった4名さま、

ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございました!!すっごく助かりました!!
いい人たちだなあ… クレオールのこういうとこ泣けてきますね。



え~っと。
6時半くらいから結果発表…だったかな?

結果は銀賞。383点でございました。
うん!正直びっくりした!! あれだけの練習時間で、なかなかの健闘っぷりじゃないかな~と思いました。
講評用紙がうれしかったです!

普段は、バンド全体のなかの一つとして、たまにパーカッションに触れてもらえるだけだけど、
ダイレクトに言葉がもらえた今回は、かなり勉強にもなりました!
てゆうか結構褒めてもらった!よね? …

なんかこ~「5人の息があってた」的なことが書いてあったのがなによりうれしかったなあ



すてきな思い出ができました!
応援してくださったみなさん、見に来てくださったみなさん、お手伝いに来てくださったみなさん、
ありがとうございました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。