The charity band Tokyo Creole philharmonic wind orchestra

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お疲れ様です(・ω・)
笛吹です。

初書き込みということでお手柔らかにひとつお願いします。。。


今期最初の先生の合奏ということでローマと天馬の吹き方などの意思統一をしましょうとお話がありました。
アッブも含め最初は天馬を1回通し、細かい所は時間があったらとのことですぐにローマに移りました。

クレッシェンド、デクレッシェンドの約束…
黒板があった方が説明しやすいとのことで、クレッシェンドはすぐに上がりきらないこと、逆にデクレッシェンドはすぐに下がらないことを意識するようにとのことでした。

先生は数学担当だったとのことで……
比例・反比例の授業を思い出しました。

そして中低音主役の③のペザンテがカットになりました~

残念(-∀-;)
時間オーバーになるので仕方ないですね。


さて途中途中細かい指示がありました。アーティキレーション、皆さんもう一度確認しましょうね。木管はスラーのあとのスタッカート気をつけましょう。


休憩を挟んで30分ほど天馬をやりました。

天馬は1小節目からのドルチェ、Iからのエスプレッシボをいかに表情豊かにやるかで曲が変わってくるとおっしゃっていました。
特にKは最も重要!!

なのでテンポが一定になることはありません。


ん~、難しい(-ω-;)


気付けばあと1ヶ月半ですね~。合奏も1回1回大切にしたいものです。

みんなでがんばりましょう!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cpogratitude.blog18.fc2.com/tb.php/28-5da63e0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。